生モズク。珊瑚礁の海で育つミネラルの海藻。

八重山漁業協同組合モズク養殖生産部会 会長

砂川政信さん

島では朝晩、食べられています。砂川さんも、毎日食べます。最近の人気は、生モズク。新鮮さ、塩抜きナシでいける手軽さが魅力です。


種付けは10月、収穫は3月から。旬は4、5月です。黒潮が流れる南の島の水温が生育に最適。澄んだ海水が太陽光をしっかり届けるから、おいしく育つのです。


若い芽は、ぬめりが強いのだそう。熟すと歯ごたえがよく風味もしっかりのってきます。石垣産モズクはミネラルが豊富。口当たりなめらかで、食感のよさが特長です。


おいしい食べ方と言えば、定番は三杯酢です。砂川家ではこれにトマト、玉ねぎ、ちくわのみじん切りをのせます。食堂、居酒屋で人気なのは天ぷら、熱々を天つゆでいただきます。


砂川さんは、もと素潜りの漁師さんです。モズクに惚れて、養殖に着手しました。育種は秋から水槽で、収穫は春、海へ潜って。収量は年700トン、目標は1000トンです。

基本データ

種から育て、黒潮と珊瑚礁の海で養殖、一次加工までを石垣島で一貫して行う。食物繊維、ミネラルが豊富。近年はフコイダンを含むことで注目を集める。

商品はこちらから